給湯器修理も水道修理業者へ依頼

最近の住宅事情では、給湯器で沸かしたお湯が、キッチンや洗面所、浴室など家の中のあらゆる水道から供給されています。また、オール電化住宅などでは電気の力を利用してお湯を沸かすタイプの大型電気温水器などもあり、この場合は給湯器のタンク内に大量の水を溜めておく仕組みとなっています。

■給湯器の水漏れトラブル

給湯器はガスや電気を利用してお湯を沸かしていますが、この中には多くの配管が使用され、水道管から直接水が供給されています。また、配管の中にはゴムパッキンなど細かい部品が使われており、このような部品や使用されているパイプなどが劣化して破損し、水漏れが起こる可能性があります。水漏れを放置していると、漏電や不完全燃焼などを起こす可能性があるため、迅速な修理が必要です。また、大型電気温水器のタンクには数百リットルもの大量のお湯が入っていることから、万が一水漏れが起きた時には多大な被害が発生することも考えられます。

■給湯器の寿命とは

給湯器は毎日の生活に欠かせないものであり、使用しない日は無いといっても過言ではありません。一般的に給湯器の耐用年数は10年程度とされており、使用し始めてから7年から8年ほどで内部の部品の劣化が始まります。水漏れをはじめ、設定温度よりもお湯の温度が熱い場合や、お湯にならないなどの不具合が発生した場合は、給湯器 修理を水道修理業者へ依頼することとなりますが、使用状況によっては交換を勧められることもあります。

■まとめ
給湯器からの水漏れは、場合によっては床下に大量の水が溜まってしまう恐れがあるため、すぐに修理を依頼しなければなりません。また給湯器の寿命によって、修理ではなく交換をした方がお得になる場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ